宮之上貴昭(g)
Photo by Hisaya Rachi
宣伝材料写真

Profile
English

宮之上 貴昭(g) みやのうえ よしあき

宮之上 貴昭(g) みやのうえ よしあき

宮之上 貴昭 (みやのうえ よしあき)
東京都世田谷区出身。

米軍横田基地の中の「N・C・O」クラブで、
ジョー・デイビス(org)、ジェリー・エディ(ds)のトリオ「ニュー・グループ」
で3年間演奏する。
同時に自己のバンドで都内のライブハウス等に出演していたが、1977年に渡米。
ニューヨークで武者修業の後帰国し、折からビル・エバンス(p)トリオで来日中だった今は亡き天才ドラマー、
フィリー・ジョー・ジョーンズをゲストに、〈ソング・フォー・ウェス〉(キングレコード)をリリースし、メジャーデビューとなる。
これを機に毎年次々にリーダー・アルバムを発表。
とりわけオルガンの第一人者、ジミー・スミスをゲストに加えた〈タッチ・オブ・ラブ〉(バップレコード)や、
「日本のジャズ100選」にもなったライブ録音の〈ウェス・モンゴメリーに捧ぐ〉(キングレコード)、
ストリングス・オーケストラを加えてイージー・リスニングに仕立てた〈フォクシー・アイズ〉(東芝EMI)、
また、アンディ・シンプキンス(b)プロデュースによる初の海外録音、〈L.A.コネクション〉も話題となった。
残念ながらこれらの作品の多くは現在では廃盤となりましたが、
過去に発表された作品がオークションに出品されると、
熱心なマニアの間で記録的な高値をつけることで評判となっています。

現在でも自己のグループを率いて都内のライブハウスや全国でのコンサート、
テレビやラジオの出演をはじめ、海外のジャズ・フェスティバルやコンサートで演奏活動を続けています。

ピックを一切用いず、親指を中心とする独特の宮之上の奏法は、
ウェス・モンゴメリーの流れの中にあってさらに発展させ、
着々と自己のスタイルを確立しています。

比類のないテクニック、歌心とその音楽性に、全国の熱狂的な信奉者は数多く、
ジャズ誌の読者人気投票ギター部門では30年以上、
常にトップクラスにランクされている、我が国を代表するギターリストです。

【海外での演奏活動】

1988年、4年に一度、インドで行われるジャズ・フェスティバル「ジャズ・ヤトラ」に自己のバンド『Smokin'』を率いて日本代表として出演。
1990年、中国・広州に渡り、レコーディングを通してジャズを教える。
1991年から6年間毎年、北村英治(cl)グループの一員として、カリフォルニアの「モントレー・ジャズ・フェスティバル」に出演。
1992年と翌93年、オーストラリアのブリスベンで開かれた「クイーンズランド・ジャズフェスティバル」に出演。
1993年から6年連続で、L.A.で開かれる「インターナショナル・ジャズ・パーティー」に出演、ジャズの名プロデューサー、レオナルド・フェザー氏から絶賛される。
1993年6月には、ハワイ大学に招かれ「ハワイ・ジャズギター・フェスティバル」に日本代表として参加した。
1999年から毎年、ハワイに招聘され、現地でコンサートを開いている。
2000年、2001年、2002年の3年連続で、カリフォルニア・サンノゼ・ジャズ・フェスティバルに北村英治(cl)と出演。
2006年6月、初となるハワイ・ライブツアーを敢行。
2006年8月、自己のバンド『Super Guitar Trio』を率いてカリフォルニア・サンノゼ・ジャズ・フェスティバルに出演。
2007年9月、2009年6月、2010年6月、ハワイ・ライブツアーを敢行。
2010年8月、自己のバンド『Tokyo Quartet』を率いてカリフォルニア・サンノゼ・ジャズ・フェスティバルに出演。

【リーダー作品】
〈What's happened? Miya〉 (LP) 1978 ALM コジマ録音
〈Song For Wes〉 (LP) 1979 キングレコード
〈Mellow Around〉 (LP) 1980 キングレコード
〈Riviera〉 (LP) 1981 日本コロンビア
〈Touch Of Love〉 (LP) 1981 バップレコード
〈Nathalie〉(LP) 1983 バップレコード
〈Dedicated To Wes Montgomery〉 (LP) 1985 キングレコード
〈Foxy Eyes〉 (CD) 1988 東芝EMI
〈Smokin'〉 (CD) 1991 キングレコード
〈Bluesland〉 (CD) 1993 キングレコード
〈Dedicated To Wes Montgomery〉 (CD) 1993 キングレコード
〈The Thumb〉 (CD) 1995 キングレコード
〈L.A. Connection〉 (CD) 1997 キングレコード
〈Me, Myself & I〉 (CD) 1999 キングレコード
〈Live!〉 (CD) 2000 SFCレコード
〈Live At The Kitty Kitty Brown〉 (CD) 2002 SFCレコード
〈Jazz Guitar Performance〉 (DVD) 2004 B-2
〈Spirits〉 (CD) 2006 SFCレコード
〈Sunset Street〉 (CD) 2007 SFCレコード
〈Summertime〉 (CD) 2010 YPMレーベル
〈I remember Wes〉 (CD) 2011 YPMレーベル
〈Reflection〉 (CD) 2015 SFCレコード
【双頭作品】
〈Eiji Meets Smokin' 〉 (CD) With 北村英治(cl) 1996 イエローキャブ
〈Yoshiaki !!〉 (CD) With 岡安芳明(g) 1996 キングレコード
〈Sweet & Lovely〉 (CD) With 熱田修二(tp) 2000 ATUTA Planning
〈Delivery〉 (CD) With 北村英治(cl) 2000 JAZZ COOK
〈Autumn Nocturne〉 (CD) With 伊藤潮(b) 2001 WOODY CREEK
〈Live in MEXICO〉 (CD) With 岡淳(ts&fl) 2014 MOCK HILL RECORDS
※詳細はこちらをご覧下さい。
http://miyanoue.net/disc/disc-l.html
←Click Here!
※共演ミュージシャンとの写真がご覧になれます。
L.A.ホテルセンチュリープラザにて
クリント・イーストウッドと
【共演した海外ミュージシャン】
〈管楽器〉
バディ・デフランコ(cl)、マーシャル・ロイヤル(as) 、ビル・ベリー(cor)、
スコット・ハミルトン(ts)、ルー・タバキン(ts)、ボビー・シュー(tp)、
コンテ・カンドリ(tp)、スヌーキー・ヤング(tp)、リッチー・コール(as)、
メイナード・ファーガソン(tp)、ハンニバル・マービン・ピーターソン(tp)、他
〈鍵盤楽器〉
ジーン・ハリス(p)、ジミー・スミス(org)、Dr.ロニー・スミス(org)、
フランク・コレット(p) 、スミス・ドブソン(p)、ジェラルド・ウィギンズ(p)、
ロジャー・キャラウェイ(p)、他
〈ベース〉
アンディ・シンプキンス、リチャード・デイビス、パーシー・ヒース、
ジョン・クレイトン、ジェフ・チェンバース、他
〈ドラムス〉
フィリー・ジョー・ジョーンズ、ジミー・ラブレイス、シャーマン・ファーガソン、
ジェフ・ハミルトン、 ジョー・ジョーンズJr、ロイ・マッカーディー、
エディ・マーシャル、ハロルド・ジョーンズ、他
〈その他の楽器〉
ブルース・フォアマン(g)、他

top